屋根の脱気緩衝材と補強・補修材 ―タスペーサー―

タスペーサーについて

タスペーサーとは

タスペーサーシリーズ

セイムのタスペーサーは、屋根塗装(塗替え)時の縁切り作業をより適切に行なえる部材です。
従来の工法での作業時間も大幅短縮。(初めての塗り替えの場合、100㎡の屋根なら約2時間で終了)
何よりも、屋根の塗替えを行う時は、セイムのタスペーサーを使えば、適切な作業で長期的に下地への通気性を確保できます。

タスペーサーのしくみ

タスペーサー01

  • タスペーサー01本体
  • タスペーサー01 施工イメージ
  • 2017年春発売した最新型。タスペーサー自体に水が上がりにくい形状を採用した事により、
    屋根材の雨水のキレも向上しました。また、新形状により本体のバネ性能が向上し、より良い通気性の確保が可能。
    さらに溶剤に強い素材にしました。耐溶剤性が向上した事が、実験により検証されています。
    実際の作業を想定し、60㎏~80㎏の加重を掛けても破損しにくく、屋根材に優しくなりました。


    タスペーサー02

  • タスペーサー02本体
  • タスペーサー02 施工イメージ
  • 通常の屋根補修の場合、01タイプ、02タイプで対応可能です。
    汎用性があり、コストパフォーマンスの面で優れています。
    シーラー・プライマー等の下塗りを完全に乾燥させてから挿入してください。
    強溶剤型の塗料は使用しないでください。通常の屋根塗装の際にお使いください。

    タスペーサー03

  • タスペーサー03本体
  • タスペーサー03 施工イメージ
  • タスペーサー03は、屋根材または屋根下地材(野地板)が経年劣化が激しい場合での
    ご使用を推奨しています。
    02タイプと同様に、シーラー・プライマー等の下塗りを完全に乾燥させてから挿入してください。
    強溶剤型の塗料は使用しないでください。屋根の劣化が著しく進行している場合にお使い下さい。