専門知識は一切いりません。
初めての方も、セイムが全てをサポートします。

用意するのは
手描き図だけでもOK!

3Dプリントを行う際に必要なのは、2D・3Dデータ。
その他、手描き図でも対応します。その絵をもとに、弊社スタッフがデータを起こします。

試作向けの少ロット多品種に
おすすめです。低コスト化。

従来では、品種毎の金型試作でコストが高く
なりますが、金型不要で試作品を製作できる為、
費用を抑えられます。

試作制作から量産まで
一貫して請け負えます。

お客様の案をもとに、3D設計・3Dプリンタ出力を
行い試作を製造、その後 商品化した場合、
製品量産・出荷まで全て弊社へご相談ください。

商品開発期間の
大幅短縮が見込めます。

時間が掛かっていた金型での
試作品製作を大幅に短縮できるので、
開発期間が短くなります。

1.原案

まずは原案をお伺いします。ザックリで構いませんので
簡単な手描き図、または2D・3Dデータをご用意ください。

※イラストレーター等のデータでも構いません。

2.3D設計

原案をもとに弊社で3Dプリンタ用のデータを作成いたします。
ここで細かな打ち合わせを重ねてデザイン等の確認をしていただきます。
3Dデータで頂いた場合は形状データを確認します。

3D設計

キャップ

セイム制作物

※クリックで拡大します。

3D設計

3.3Dプリンター出力

3Dデータを元に3Dプリンターで
高精細造形を行います。

※仕上がりまで数日要します。

製作事例 シリコン樹脂

※クリックで拡大します。

シリコンの特徴


伸び縮みするゴムだから、パッキンの組み付け性を評価できます。


グリップカバーのように、薄いパーツを折り曲げても裂けません。

※クリックで拡大します。

製作事例 アクリル樹脂

※クリックで拡大します。

樹脂切削

4.樹脂切削

造形された実物をご確認いただきます。
実際の材料での検定が必要な場合の施策も可能です。

※射出成形まで進まず、立体造形までの作業のご依頼も承ります。お気軽にご相談ください。

※クリックで拡大します。

5.金型製作、射出成形

試作品による検証確認の後、射出成形での量産の対応も可能です。
弊社でもつ工場で、生産から検品・出荷・納品まで責任を持って
管理いたします。

※納品期間は、商品の形状、数量により異なります。

射出成形

※クリックで拡大します。

弊社では下記の作業も行なっております。

その他、あらゆるご相談にもできる限りお応えしたいと思います。
セイムスタッフは、誠実かつ親切な対応をモットーに、責任を持って取り組みます。
皆様のお問い合わせを心よりお待ちしております。